HOME>1.学校案内・校長室より

校長室より





校長 梅村 公基


 愛知県立大府特別支援学校ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、愛知県で唯一の病弱特別支援学校で、病院に入院治療している児童生徒と自宅から通う病気によって生活規制のある児童生徒が在籍しています。本校には、隣接する県立あいち小児保健医療総合センターに入院している児童生徒と自宅通学の児童生徒が在籍する校内(大府市)、名古屋大学医学部附属病院(名古屋市昭和区)、JCHO中京病院(名古屋市南区)、藤田保健衛生大学病院(豊明市)にある施設内教育(院内学級)、愛知県内のその他の病院に入院している児童生徒を対象とした訪問教育があります。入院している児童生徒については、入院していても学習を続け、退院と同時に地元の学校に戻り、支障なく生活できることを目指して、児童生徒一人一人に合った教育に努めています。また、自宅から通う児童生徒については、進学や就職などの自己実現に向けて、体調に合わせて無理なく学習が続けられるように支援していきます。特に、病気で高校進学を悩んでいたり、高校在学中でも病気で将来に不安を感じていたりするときは、本校にご相談ください。子どもたちの自己実現のために、できる限りの支援をしていきます。

 今年度は、「笑顔あふれる学校」をスローガンに、以下の5点の重点目標を掲げて取り組んでいます。
保護者、医療機関等の関係機関等との連携をさらに進め、児童生徒をよく理解し、一人一人の実態及び能力に即した指導・支援を充実する。
児童生徒一人一人がそのもてる資質及び能力を十分に発揮し活躍できる場を整える。
進路先や転出校で、児童生徒一人一人が自己の力を十分発揮できるように、教科指導力を高め授業改善に取り組む。
入院児童生徒等への教育保障体制整備事業に取り組むことで、タブレット端末等のICT機器を活用して、有効な授業や行事等の在り方を追究する。
自分を大切にする心、人を思いやる心、友達を大切にする心、人や物に感謝する心をもつなど、児童生徒一人一人の豊かな人間性を育成する。

 
本校ホームページでは概要をご紹介していますので、詳しくお知りになりたい方は、ぜひ本校までご連絡ください。



Powered by Pondt